DSC-RX100M3 (serv.man3) — Sony Digital Camera Service Manual (repair manual). Page 8

View Sony DSC-RX100M3 (serv.man3) Service Manual online

DSC-RX100M3_L2
1-5
1-1.  SY-1036基板交換時の注意
仕向けデータ
補修用基板と交換する時,補修用基板に書かれている仕向けデータは元の設定と違っている場合があります。
Adjust StationからAdjust Manualを起動させて「DESTINATION DATA WRITE」を実行させてください。
リストアデータ
補修用基板と交換する時,交換前の基板よりデータを取得してください。
データの取得はAdjust StationからAdjust Manualを起動させて「RESTORE DATA」を実行させてください。
本機で取得されるデータは下記になります。
・ PRODUCT ID & USB SERIAL No. INPUT
・ Lens data carry
・ AWB adj
・ Light sensor adj
・ Eye sensor adj
・ EVF Data Input
USBシリアルNo.およびプロダクトIDについて
本機はセット固有のID(USBシリアルNo.)と機種固有のID(プロダクトID)を書き込んだ後に出荷されています。
新品の補修用基板にはこれらのIDが書き込まれていないため,基板交換後にIDを入力する必要があります。
補修用基板に交換した後はAdjust StationからAdjust Manualを起動し,「PRODUCT ID & USB SERIAL No. INPUT」を実行させてIDを入
力してください。
Note:  新しくプロダクトIDを入力すると,必ずしも基板交換前のIDと同じIDになるとは限りません。新しいIDと元のIDが違う場合にはお客様がユーザー登録さ
れているIDと相違が出てしまう可能性があります。
MAC アドレスの更新
Wi-Fi 搭載基板を交換した時,またはメイン IC (CPU) が搭載されている基板を交換した場合,IC の固有番号 (MAC アドレス) を取り
込み直す必要があります。
下記の作業を実施して,IC の固有番号 (MAC アドレス) を取り込み直してください。
1.  最新版のAdjust Manualをダウンロードする。
2.  ダウンロードしたAdjust Manualをインストールする。
3.  Adjust Manualを起動し,ADJUSTタブにある「Wireless LAN check」を実施する。
4.  セット本体を下記のように操作し,設定リセットを行う。
 
MENU →   → [ネットワーク設定リセット] →[確認] → 中央の●で決定
5.  セット本体を下記のように操作し,MACアドレスを表示する。
 
MENU →   → [MACアドレス表示] → 中央の●で決定
6.  MACアドレスの表示が更新されていることを確認する。
対象となる部品
・  SY-1036 BOARD, COMPLETE (SERVICE)
Note:  Adjust manual 内の DATA タブにある,ADJUSTMENT DATA BACKUP にある機能,LOAD AND WRITE は,セットの全てのデータを上書きします。
 
そのため,上記の操作で更新した MAC アドレス も上書きされてしまいます。
上記の操作は全ての作業を実施した後に行ってください。
交換修理後はMACアドレスが変更されていますので,お客様に接続機器の再設定をしていただく必要があります。
そのためFlyer of WLAN Reset(Flyer of WLAN Reset_9834752[][].pdf)をダウンロードしてプリント出力し,セットに添付して返却し
てください。
– JAPANESE –
角速度センサ
補修用基板と交換する時,角速度センサ(SE7701)の感度表示を書き留めてください。
Adjust StationからAdjust Manualを起動させて「Angular velocity sensor sensitivity ADJ」を実行させてください。
Type A:
Type B:
P Y
P Y
ᵮᵘᴾᵮᵧᵲᵡᵦᴾज़ࡇᘙᅆ
ᵷᵘᴾᵷᵟᵵᴾज़ࡇᘙᅆ
SY-1036 BOARD (SIDE A)
SE7701
Note:SY-1036基板のSE7701感度表示は補修用基板にしか記載されておりません。
1-2.  レンズ交換時の注意
レンズを交換する際は補修用レンズのQRコードを読み取ってください。
QRコードの読み取りは,Adjust  manualを起動してQRコードリーダーボタンより実行
してください。
読み取ったデータは以下の工程において使用します。
・イメージャ基板取り付け時のあおり板の選択
・交換終了後の調整時
1-2-1. イメージャ基板取り付け時のあおり板の選択
1.  QRコードリーダー画面にて読み込みを実行する。
2.  組み込むあおり板の厚みが表示される。
 
3.  画面の指示に合わせてあおり板を選択し,イメージャ基板を取り付ける。
1-2-2. 交換終了後の調整時
Adjust manualのADJUSTタブにある,
「Lens data carry」よりLOADを実施してください。
QR
コード

Click on the first or last page to see other DSC-RX100M3 (serv.man3) service manuals if exist.