DSC-RX100M3 (serv.man3) — Sony Digital Camera Service Manual (repair manual). Page 6

View Sony DSC-RX100M3 (serv.man3) Service Manual online

DSC-RX100M3_L2
1-3
– ENGLISH –
1-5.  CHECKING THE Wi-Fi FUNCTION
Perform the following procedure to check the Wi-Fi function.
Required equipment: Windows personal computer with Wi-Fi interface
1.  Turn on the power of the unit.
2.  Perform the following operations.
 MENU 
→   → [Application List] → [Smart Remote Embedded] → ●
3.  When preparation for Wi-Fi has been completed, the following screen opens and a password for Wi-Fi connection is displayed.
Smart Remote Embedded
Operate smartphone to connect to
this device via Wi-Fi.
SSID DIRECT-XXXX:DSC-XXXX
Password XXXXXXXX
Device Name DSC-XXXX
Wi-Fi
Exit App.
4.  Confirm on the personal computer that the unit is detected as a connectable wireless network.
5.  To further confirm that the unit is connectable, connect the unit to the personal computer and double-click the “current connection” from the icon 
displayed on the notice field, make sure that the unit is displayed in the Wireless internet access column.
1-6. SELF-DIAGNOSIS FUNCTION
1-6-1. Self-diagnosis Function
When problems occur while the unit is operating, the self-diagnosis 
function starts working, and displays on the LCD screen what to do.
Details of the self-diagnosis functions are provided in the Instruction 
manual.
1-6-2. Self-diagnosis Display
When problems occur while the unit is operating, the LCD screen shows 
a 4-digit display consisting of an alphabet and numbers, which blinks 
at 3.2 Hz. This 5-character display indicates the “repaired by:”, “block” 
in which the problem occurred, and “detailed code” of the problem.
0 0
3 2
C
Repaired by:
Refer to “1-6-3. Self-diagnosis Code Table”.
Indicates the appropriate
step to be taken.
E.g.
13 ....Format the “memory card”.
32 ....Turn on power again.
Block
Detailed Code
Blinks at 3.2 Hz
C : Corrected by customer
E : Corrected by service
engineer
LCD screen
1-6-3. Self-diagnosis Code Table
Self-diagnosis Code
Symptom/State
Correction
Repaired by:
Block
Function
Detailed
Code
C
1
3
0
1
Memory card is unformatted.
Format the memory card.
Memory card is broken.
Insert a new memory card.
Memory card type error
Insert a supported memory card.
The camera cannot read or write data on the 
memory card.
Turn the power off and on again, or taking out and inserting the 
memory card several times.
C
3
2
0
1
Trouble with hardware
Turn the power off and on again.
E
4
1
0
0
Abnormality of wireless LAN module or 
host  CPU.
Replace the SY-1036 board.
E
4
1
0
1
Abnormality of network control device.
Turn the power off and on again.
E
6
1
0
0
Difficult to adjust focus
(Cannot initialize focus)
Retry turn the power on by the power switch. If it does not recover, 
check the focus MR sensor signal of lens block (pin 4, 5 of CN6800 
on the SY-1036 board). If it is OK, check the focus motor drive IC 
(IC6802 on the SY-1036 board).
E
6
1
1
0
Zoom operations fault
(Cannot initialize zoom lens.)
Retry turn the power on by the power switch. Check the zoom reset 
sensor signal of lens block (pin 1 of CN6800 on the SY-1036 board) 
when zooming is performed when the zoom button is operated. If it is 
OK, check the zoom motor drive IC (IC6802 on the SY-1036 board).
E
6
1
3
0
Reset position detection error on the stepper
iris initializing
Turn power off and turn power on again.
E
6
2
0
2
Abnormality of IC for steadyshot.
Check or replacement of the IC for steadyshot (IC6802 on the SY-
1036 board).
DSC-RX100M3_L2
1-4
Self-diagnosis Code
Symptom/State
Correction
Repaired by:
Block
Function
Detailed
Code
E
6
2
1
0
Lens initializing failure.
Check or replacement of the IC for steadyshot (IC6802 on the SY-
1036 board).
E
6
2
1
1
Lens overheating (PITCH).
Check the HALL element (PITCH) of optical image stabilizer (pin 
wh
, wk of CN6800 on the SY-1036 board). If it is OK, check PITCH 
angular velocity sensor (SE7701 on the SY-1036 board) peripheral 
circuits.
E
6
2
1
2
Lens overheating (YAW).
Check the HALL element (YAW) of optical image stabilizer (pin wd, 
wg
 of CN6800 on the SY-1036 board). If it is OK, check YAW angular 
velocity sensor (SE7701 on the SY-1036 board) peripheral circuits.
E
6
2
2
0
Abnormality of thermistor.
Check the temp sensor of optical image stabilizer (pin 9 of CN6800 
on the SY-1036 board).
E
9
1
0
1
Abnormality when flash is being charged.
Checking of flash unit or replacement of flash unit. (Note 1)
E
9
2
0
0
Battery / Dry cell distinction defect
Turn power off and turn power on again.
E
9
4
0
0
Internal memory fault
Inspect the internal memory (IC6000 on the SY-1036 board).
E
9
5
0
0
GPS hardware error
Turn power off and turn power on again.
E
9
5
0
1
Acceleration sensor hardware error 
Turn power off and turn power on again.
E
9
5
0
2
Electronic compass hardware error 
(GPS hardware error)
Turn power off and turn power on again.
Note 1:  After repair, be sure to perform “1-7. PROCESS AFTER FIXING FLASH ERROR”.
Note 2:  Functions of codes with * mark are not provided in this unit.
1-7.  PROCESS AFTER FIXING FLASH ERROR
When “FLASH error” (Self-diagnosis Code E : 91 : 01) occurs, to prevent any abnormal situation caused by high voltage, setting of the flash is changed 
automatically to disabling charge and flash setting.
After fixing, this setting needs to be deactivated.
Method for Initializing the Flash Error Code
Reset Flash Error using the Flash Error Repair Tool Ver_[].[].exe.
*
*
1-8.  CLEANING OF THE EVF
This unit makes it possible to disassemble the EVF from the finished state to clean it.
When a problem related to dust is indicated from a customer, remove the VF Unit Assy in the following procedure and clean it.
When cleaning the VF Unit Assy, use birdlime or the like to remove dust. (Recommended jig: J-6082-726-A CLEANING STICK II)
Note 1:  Carry out the cleaning work in a clean environment to avoid dust or foreign matter during disassembling.
 
Use a clean booth if possible.
Note 2:  Do not use an air blower because it raises surrounding dust.
Note 3:  Do not use cleaning cloth that causes wiping unevenness.
1-8-1. Removing the VF Unit Assy
Preparation:
Create a jig as shown below by bending fine wire.
Approx. 30 mm
Approx. 5 mm
Approx.     0.7 mm
Approx. 30 mm
Procedure
:
1.  Depress the viewfinder pop-up switch to pop up the EVF.
2.  Draw the VF Unit Assy.
1
2
Viewfinder 
pop-up switch
Holes
3.  Insert both ends of the jig into the holes of the VF Unit Assy, gently hold the jig, and then pull out the VF Unit Assy while pushing the internal 
bosses.
Note 1: Do not scratch the main body with the jig.
VF Unit Assy
– ENGLISH –
Be careful not to touch the 
grease applied to below 
part.
Note 2:
Grease
DSC-RX100M3_L2
1-5
1-1.  SY-1036基板交換時の注意
仕向けデータ
補修用基板と交換する時,補修用基板に書かれている仕向けデータは元の設定と違っている場合があります。
Adjust StationからAdjust Manualを起動させて「DESTINATION DATA WRITE」を実行させてください。
リストアデータ
補修用基板と交換する時,交換前の基板よりデータを取得してください。
データの取得はAdjust StationからAdjust Manualを起動させて「RESTORE DATA」を実行させてください。
本機で取得されるデータは下記になります。
・ PRODUCT ID & USB SERIAL No. INPUT
・ Lens data carry
・ AWB adj
・ Light sensor adj
・ Eye sensor adj
・ EVF Data Input
USBシリアルNo.およびプロダクトIDについて
本機はセット固有のID(USBシリアルNo.)と機種固有のID(プロダクトID)を書き込んだ後に出荷されています。
新品の補修用基板にはこれらのIDが書き込まれていないため,基板交換後にIDを入力する必要があります。
補修用基板に交換した後はAdjust StationからAdjust Manualを起動し,「PRODUCT ID & USB SERIAL No. INPUT」を実行させてIDを入
力してください。
Note:  新しくプロダクトIDを入力すると,必ずしも基板交換前のIDと同じIDになるとは限りません。新しいIDと元のIDが違う場合にはお客様がユーザー登録さ
れているIDと相違が出てしまう可能性があります。
MAC アドレスの更新
Wi-Fi 搭載基板を交換した時,またはメイン IC (CPU) が搭載されている基板を交換した場合,IC の固有番号 (MAC アドレス) を取り
込み直す必要があります。
下記の作業を実施して,IC の固有番号 (MAC アドレス) を取り込み直してください。
1.  最新版のAdjust Manualをダウンロードする。
2.  ダウンロードしたAdjust Manualをインストールする。
3.  Adjust Manualを起動し,ADJUSTタブにある「Wireless LAN check」を実施する。
4.  セット本体を下記のように操作し,設定リセットを行う。
 
MENU →   → [ネットワーク設定リセット] →[確認] → 中央の●で決定
5.  セット本体を下記のように操作し,MACアドレスを表示する。
 
MENU →   → [MACアドレス表示] → 中央の●で決定
6.  MACアドレスの表示が更新されていることを確認する。
対象となる部品
・  SY-1036 BOARD, COMPLETE (SERVICE)
Note:  Adjust manual 内の DATA タブにある,ADJUSTMENT DATA BACKUP にある機能,LOAD AND WRITE は,セットの全てのデータを上書きします。
 
そのため,上記の操作で更新した MAC アドレス も上書きされてしまいます。
上記の操作は全ての作業を実施した後に行ってください。
交換修理後はMACアドレスが変更されていますので,お客様に接続機器の再設定をしていただく必要があります。
そのためFlyer of WLAN Reset(Flyer of WLAN Reset_9834752[][].pdf)をダウンロードしてプリント出力し,セットに添付して返却し
てください。
– JAPANESE –
角速度センサ
補修用基板と交換する時,角速度センサ(SE7701)の感度表示を書き留めてください。
Adjust StationからAdjust Manualを起動させて「Angular velocity sensor sensitivity ADJ」を実行させてください。
Type A:
Type B:
P Y
P Y
ᵮᵘᴾᵮᵧᵲᵡᵦᴾज़ࡇᘙᅆ
ᵷᵘᴾᵷᵟᵵᴾज़ࡇᘙᅆ
SY-1036 BOARD (SIDE A)
SE7701
Note:SY-1036基板のSE7701感度表示は補修用基板にしか記載されておりません。
1-2.  レンズ交換時の注意
レンズを交換する際は補修用レンズのQRコードを読み取ってください。
QRコードの読み取りは,Adjust  manualを起動してQRコードリーダーボタンより実行
してください。
読み取ったデータは以下の工程において使用します。
・イメージャ基板取り付け時のあおり板の選択
・交換終了後の調整時
1-2-1. イメージャ基板取り付け時のあおり板の選択
1.  QRコードリーダー画面にて読み込みを実行する。
2.  組み込むあおり板の厚みが表示される。
 
3.  画面の指示に合わせてあおり板を選択し,イメージャ基板を取り付ける。
1-2-2. 交換終了後の調整時
Adjust manualのADJUSTタブにある,
「Lens data carry」よりLOADを実施してください。
QR
コード
DSC-RX100M3_L2
1-6
– JAPANESE –
1-3.  イメージャ基板 (CD-847フレキシブル基板) の取り外し/取り付け時の注意
CD-847フレキシブル基板(イメージャ)は,レンズに取り付ける際,あおり板によりあおり調整されています。
CD-847フレキシブル基板を取り外すときは,下記の事に注意して作業してください。
(1)  レンズを交換しない作業の場合
例: 分解清掃する場合,CD-847フレキシブル基板(イメージャ)を交換する場合など。
・  組み込まれているあおり板(3箇所)のサイズを確認/記録し,失くさないように保管する。
・  組立時には,あおり板を必ず元通りの位置に取り付ける。
サイズ
0.xx
注意
あおり板を紛失しないように注意してください。
あおり板を紛失してしまったり,あおり板の元の位置がわからなくなってしまったときには実写して片ボケがないことの確認を繰り返し,
適切な
あおり板を選択
する必要があります。
(2)  レンズを交換する作業の場合
 
1-2. レンズ交換時の注意 を参照し,あおり板を選択してから新しいレンズに取り付ける。
1-4.   EVF表示素子(LCD902)またはSY-1036基板交換時の注意
本機ではEVF表示素子(LCD902)ごとの調整値がSY基板に書き込まれています。
このためLCD902またはSY基板を交換した場合には調整値の書き込みを行ってください。
ホワイトバランスの値
輝度の値
2565687041A
補修用EVF表示素子(LCD902)に貼られているラベルの例
Note:  ラベルがイラストのような記載であった場合, 下記のように読み取ってください。
 
輝度の値: 256
 
ホワイトバランスの値: 874
LCD902交換時
1.  補修用EVF素子(LCD902)のラベルに印字されている調整値を確認し,控えておく。
2.  交換作業が完了したらAdjust manualを使用し,ADJUSTタブにある「EVF Data Input」を実行する。
SY基板交換時 (調整値を読み取り可能な場合)
1.  修理前のセットが起動し,Adjust  manualを使用し調整値を読み取ることが可能な場合は,DATAタブにある「ADJUSTMENT 
DATA BACKUP」を実行する。
2.  補修用SY基板に交換した後,抽出したデータをAdjust manualのDATAタブにある「ADJUSTMENT DATA BACKUP」を実行してセッ
トに書き込む。
SY基板交換時 (調整値を読み取り不可能な場合)
サービスHQへお問い合わせください。
DSC-RX100M3_L2
1-7
1-5.  Wi-Fi機能の確認
Wi-Fi 機能を確認するときは以下の手順で行ってください。
用意する機器: Wi-Fi接続の可能なWindowsパソコン
1.  本機の電源を入れる。
2.  セット本体を下記のように操作する。
 
MENU →   →[アプリ一覧]→[スマートリモコン内蔵版]→ 中央の●で決定
3.  Wi-Fi準備が完了すると以下の画面に切り替わり,Wi-Fi接続のためのパスワードが表示される。
スマートリモコン内蔵版
スマートフォンを操作して
本機にWi-Fi接続してください
アプリ終了
Wi-Fi
SSID DIRECT-XXXX:DSC-XXXX
パスワード XXXXXXXX
機器名称 DSC-XXXX
4.  パソコン側で接続可能なワイヤレスネットワークとして,本機が検出されることを確認する。
5.  さらに接続可能なことを確認したい場合には本機とパソコンを接続後,通知領域に表示されているアイコンから「現在の接続先」   
をダブルクリックし,ワイヤレスインターネットアクセスの欄に本機が表示される事を確認する。
– JAPANESE –
1-6.  自己診断機能
1-6-1. 自己診断機能について
本機の動作に不具合が生じたとき,自己診断機能が働き,LCD
画面に,どう処置したらよいか判断できる表示を行います。自
己診断機能については取扱説明書にも掲載されて
います。
1-6-2. 自己診断表示
本機の動作に不具合が生じたとき,LCD画面にアルファベッ
トと4桁の数字が表示され,3.2Hzで点滅します。この5文字の
表示によって対応者分類および不具合の生じたブロックの分
類,不具合の詳細コードを示します。
0 0
C
2
3
対応者分類 
「1-6-3. 自己診断コード表」を参照
対応方法の違いにより分類
・メモリーカードをフォーマットする
3
1
32 ・・・電源を入れ直す
ブロック分類 
詳細コード 
3.2 Hz点滅
C :お客さま自身で対応
E :サービスエンジニア
で対応
LCD画面
1-6-3. 自己診断コード表
自己診断コード
症状/状態
対応/方法
ブロック
機能
詳細
コード
C
1
3
0
1
フォーマットしていないメモリーカー
ドを入れた。
メモリーカードをフォーマットする。
メモリーカードが壊れている。
新しいメモリーカードに交換する。
メモリーカードのタイプエラーを検出
した。
規格内のメモリーカードを挿入する。
メモリーカードが読み/書きできない。
電源の入れ直し,またはメモリーカードの挿し/外しを数回
試す。
C
3
2
0
1
ハードウェアトラブルを検出した。
電源を入れ直す。
E
4
1
0
0
ワイヤレスLANモジュール,またはホ
ストCPUの異常。
SY-1036基板を交換する。
E
4
1
0
1
ネットワーク制御デバイスの異常。
電源を入れ直す。
E
6
1
0
0
フォーカスが合いにくい。
(フォーカスの初期化ができない)
操作スイッチの電源を入れ直す。
復帰しない場合はレンズブロックのフォーカスMRセンサー
信号(SY-1036基板CN6800 4,5ピン)を点検する。
異 常 な け れ ば フ ォ ー カ ス モ ー タ 駆 動IC(SY-1036基 板
IC6802)を点検する。
E
6
1
1
0
ズーム動作の異常。
(ズームレンズの初期化ができない)
操作スイッチの電源を入れ直す。
ズームボタンを操作したときにズーム動作をすればレン
ズブロックのズームリセットセンサー信号(SY-1036基板
CN6800 1ピン)を点検する。
異常なければズームモータ駆動IC(SY-1036基板IC6802)を
点検する。
E
6
1
3
0
ステッパIRISイニシャル時リセット位
置検出異常
電源を入れ直す。

Click on the first or last page to see other DSC-RX100M3 (serv.man3) service manuals if exist.